Home » 依頼するメリット » かっこいいデザインのフライヤー
Gallery – チラシのデザインを依頼
Gallery – チラシのデザインを依頼

かっこいいデザインのフライヤー

依頼するメリット | 11月22日更新

・フライヤーで印象が大きく変わる
よく音楽バンドがライブやイベントをするときにフライヤーを配布していたり、レコードショップやライブハウス、楽器屋に置いていることがありますが、フライヤーの印象が良いと何となく気になってくることもめずらしくありません。
特にもともとそのジャンルの音楽が好きな人にとってはフライヤーのデザインが気に入ると、とりあえずどんな楽曲を演奏しているのか聴いてみたいと思う人もいますし、ホームページなどで視聴してみたという人もいるでしょう。

このようにフライヤーの効果は非常に高く、ヴィジュアル的な面から訴えかけることによって、音楽に通じさせることもできるのです。
ですから売れているバンドの多くはフライヤーのデザインにもこだわりを持っていて、手に取った人の印象に残るものを制作しようと試行錯誤しています。
バンド=かっこいいというイメージを誰もが持っていますし、こだわって制作するのが当たり前と言えるかもしれません。

・よく見られているフライヤーの特徴
それではよく手に取ってもらえる、よく見てもらえているフライヤーとはどんな特徴があるのかと言うと、まずは写真がとてもインパクトがあるものが多いです。
写真は何かを判断するときにとても重要なもので、視覚的に好印象を抱けば自然と中身も気になってくるものですし、フライヤーのように一瞬の印象で決まるものであれば尚更重要度が高くなります。
そして気になるキャッチコピーを記載しているフライヤーも受け取ってもらえる可能性が高く、たとえばその日限定で何かもらえるといったことが書かれていると気になってしまいますし、好きなバンドのものであれば間違いなくチェックするでしょう。
これはバンドのフライヤーに限ったことではなく、演劇などでも同じですし、視覚的なインパクトはとても重要なのです。

・人がやっていないことをする
また、インパクトの強いフライヤーは必ずしも先ほどあげたようなものばかりではなく、まったく真逆のものもあって、たとえば写真を一切使わないフライヤーでもインパクトを残すものがあります。
一般的には文字だけのフライヤーは簡素で字ばっかりで読みにくいイメージがあるかもしれませんが、核となる文字をグラフィックデザインによって制作したりするれば文字をイラストのように使えます。
これが正解というのはありませんから、よりインパクトを残せる方法は何かいろいろな方法を模索してみるといいでしょう。

top