Home » 依頼するメリット » フライヤーが得意なデザイナーを探そう
Gallery – チラシのデザインを依頼
Gallery – チラシのデザインを依頼

フライヤーが得意なデザイナーを探そう

依頼するメリット | 11月22日更新

・フライヤーで効果的な宣伝をしたい
演劇やバンドなどでイベントをする際にフライヤーを制作してライブハウスや劇場はもちろん、インターネット上でも公開して宣伝すると思いますが、効果的な宣伝ができるフライヤーとはどんなデザインのものなのでしょうか?
フライヤー制作をただ何となくやっている劇団やバンドもけっこう多いと思いますし、そういった人たちの中にはとりあえずフライヤーを作ろうということで見様見真似で制作しているケースもめずらしくありません。
しかしそれではせっかく魅力的な演劇や演奏を見せることができても、人を呼ぶ前の段階で伝わっていませんので、なかなか集めることができませんし、同じことを継続したところで成長も見込めません。

そこでフライヤーの制作方法を一度見直してみて、もっと効果的な宣伝ができるものは作れないか一度考えてみるといいでしょう。
もちろんそれだけで格段に集客がアップするわけではありませんが、そのフライヤーを見たことによって興味を持ってもらえれば少なくと見てもらえる数は多くなるので、それだけでも可能性は広がります。

・フライヤーをデザイナーに依頼してみよう
効果的な宣伝をするうえで今回おすすめしたいのが、デザイナーを起用して制作する方法で、デザイナーとひと言で言ってもいろいろな人たちがいますが、フライヤーを制作するならまずフライヤーのデザインを経験したことがある人が望ましいです。
デザイナーはデザイン事務所に在籍している人もいれば、個人で活動している人もいますので、まずはどのようなデザインのフライヤーを作りたいのかアイディアをまとめてから提案してください。
直接デザイン事務所にコンタクトを取っても構いませんし、最近ではクラウドソーシングサイトを利用してデザイナーを募る選択肢もありますから、情報収集してみるといいでしょう。

・フライヤーを制作するときの注意点
そしてフライヤーを制作するときの注意点ですが、デザイナーに依頼する場合はまずフライヤー制作が得意な人に依頼すること、さらにあらかじめデザインのアイディアをいくつか持っておくことが大切です。
プランのない状態で依頼を出してもイメージを膨らませるところからスタートしなければなりませんので時間もかかってしまいますし、その分デザイナーに必要なコストもかかってしまいますから、そういった部分の負担をできるだけ抑えることも必要なことではないでしょうか?

top